スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
セオリーとイレギュラー
2009-01-31 Sat 03:09
今日は就職活動の一環で面接いきましたが、やはり初めてのせいかgdgdに終わった俺ですこんばんわ
次はちゃんとある程度答えもってがんばろうzz

そしてテストは山はこえたけどまだあるものはあるのでみなおしとかんとなぁ~
終わったらとりあえず息抜きであそびにいくんだ・・w


さて題名どおりにあるとおりROについての狩りで少し思った事を
最近はギルドの方で狭間狩りに参加させてもらってるのですが
いままでとこっちの意思の疎通の仕方というものはやっぱり違うものが多く
あとはスカイプ前提であるかないかってのもあるんだけどね

まぁギルドのほうでの狭間かりはまだはじめたばかりってのもあるんだろうけど
セオリーどおりにすればうまくはいくし危険性もほぼない
前衛がつって固定待機してきまった射程にSWを出す
回復しつつSW展開維持、スナの#ORFAでの殲滅
横沸きに対してはくもですぐとばす
たしかに危険性はないしコンスタントに狩れる
たぶん安定しつつまったり狩るというアンサーではこれは正解なんだろうなと思う

ただ、まぁここからは自分の勝手な考え方でもあるんだけど
多数沸いたときの反応がみんなばらばらになっちゃってるなぁってのが一つ
くもで対応できる数には限界があるしそこは「私的には」プリがフォローする場であると思ってる
ただ基本的にプリはSWきらさなきゃ飛ばされる可能性は1パーセントにみたないと俺は思っている
というかプリスナ教授で3人で狩ったとき壁によらないで狩る検証をして
実際にとばされたのは1Hに2回~3回
接敵は100あたりで計算して2パーセントあるかないか
これがあってるとはいわないけれどパルスなどによるノックバックに対しての恐怖感がまだ強すぎるんじゃないかなってのがひとつあったりする
まぁ飛ばされたときの対処は教授の反応や経験、Pスキルなどにもよるし
あ、それを見極めるのもプリの仕事なんだけどね
やるひとによってくせなりあるしそれにあわせるのがあたりまえだとは思う
だけど、求めすぎるのは逆に嫌われる可能性ももちろんあるわけで

でも、やはり固定的に狩りにいくメンツなら
今日とりあえず自分のなかで伝えたかった事⇒とっさの反応、イレギュラーに対しても任せられるような関係というものを築いてみたいものだなってのが今日あったんだけど
まぁ、そりゃ事前にもなにもいわないでってのは無理があるよねw

どこまでが許容範囲かってのを理解しつつも、もしそれが伸びるのであれば伸ばしたいってのもある
伸ばせば、例でいえば横沸きしたのでさえちゃんと狩れるようになるとおもう
結果、レアのD率、経験値の上昇
まぁささいなものだとは思うのだけれどw

たかがゲームだけど楽しむために高みを目指してみたいなってのが今日はちょっとありました
危険をくつがえせたら楽しくないかな?ってのがあるけどこれはひとそれぞれかw
死にたくない人もいるのもわかるし、平和にまったりやりたいってのが多いのはよくわかってるつもりです。


んでまぁ反省点
ラストのつりにいったのはせっかくラストだしって気分があったのと
俺自身がパルスだか呪いだかうったときにタゲがリセットされることを忘れていた事
そのタイミングと俺がベースから離そうとしたときに逆にいったタイミングがいっしょでぐだってしまったこと
とりあえずあの事に関しては謝罪の意をここで示しときます。
すみませぬ

そして細かい狩りでの私的な指摘
移動中に敵に複数あったときに
壁の平坦な部分がすくないときはベースは下がってからパルスの射程を確保できる位置にいてほしいなぁってのがひとつ
というのも壁が斜めになってるのってみえない空白もあったりあぶないからしっかり縦横な位置にしたほうがいいんでは?ってかんじかな
まぁ自分も精進いたします。
では今日はこのへんで


スポンサーサイト
別窓 | RO | コメント:1 | トラックバック:0 | top↑
<<1年ぶりくらい? | 箱庭の物語 | おくれましたがあけおめ~>>
この記事のコメント
とっさの反応を磨いておきます(≧▽≦)
お互いの判断でとっさの反応がだせますと
狩りもいっそう楽しそうですよね♪
2009-02-17 Tue 12:38 | URL | 空高 #-[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 箱庭の物語 |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。